神宮寺跡のエドヒガン

がぞう

梶尾神社の南正面に神宮寺跡があり、その西側に樹齢300年と言われているエドヒガン(桜の種類)が凛として立っています。高さ17㍍・胸高幹周り2,8㍍・枝張り15㍍の1本桜として近隣の方に愛されています。
毎年花が咲くころ(4月20日前後)日没よりライトアップされています。人工的な光りが他になく、夜空に浮き上がって見える様子は、まさに幻想的。また、そばにある水田に上下反転した形で写り込むポイントからの眺めも最高です。

しぜん

施設情報

基本情報
【住所】神石高原町福永
【駐車場】なし
【注意事項】
※車は道路端に停めるか、神宮寺跡に停めるかになります。
※道路は細いので通行にお気をつけください。
【マップ】ありません。旧神石中学校を目印にしてください。
行き方
【行き方】
県道25号線より、旧神石中学校方面へ曲がります。二股交差点(信号あり)を曲がります。旧神石中学校を左に見てすぐ二股に道路が分かれますので、細いくだりの道を進んで下さい。しばらく行くと右側に見えます。
アクセス(自動車)
福山東ICから車にて距離:約50km 所要時間:約80分
東城ICから車にて距離: 約20km 所要時間:約25分
アクセス(バス)
福山駅北口よりバス「西回り東城線」乗車
バス停「呉ヶ峠」下車し徒歩約15分

トップページ > サイトマップ >自然> 神宮寺跡のエドヒガン