岩屋寺の山門

がぞう 「能救山岩屋寺」という、臨済宗のお寺です。山門は町の重要文化財に指定されており、かつて神石高原町役場にあった小畠代官所の表門でした。明治6年(1873年)に岩屋寺に移築されました。また、境内の薬師堂には、薬師如来坐像とその眷属である十二神将が安置されています。
山門が町重要文化財に指定されたのは昭和51年5月1日です。見学は自由ですが、事前に予約して頂けば対応ができます。
がぞう

施設情報

基本情報
【住所】神石高原町小畠386
【TEL】0847-85-3139
【駐車場】普通車:約40台
【googleマップ】ここをクリックしてください。
みどころ

※お寺の近くできれいに季節の花がさきます。
アクセス(自動車)
福山東ICから車にて距離:約35km 所要時間:約50分
東城ICから車にて距離: 約30km 所要時間:約40分
アクセス(バス)
福山駅より中国バス『西回り高蓋油木線』乗車 
バス停「小畠岩屋」下車徒歩10分

トップページ > ジャンルから探す >パワースポット >岩屋寺の山門