光福寺(合掌二龍の松)

がぞう

文暦元年(1234年)の草創といわれる700余年の歴史のあるお寺です。樹齢150年とも200年とも言われる全長約60mの大きな松があります。東西に長く伸びたその姿は、二尾の龍が東西より相寄る姿に似ており、また、中央の 真松の部分は善男善女の手を合わせた姿に 似ている事から、「合掌二龍の松」と呼ばれ、古くより近郷の銘松名木として親しまれています。

がぞう

がぞうがぞう

施設情報

基本情報
【住所】神石高原町時安3248-1
【駐車場】普通車:30台(参拝客用)
【マップ】ここをクリックしてください。
見頃・ポイント

いつもきれいに手入れされています。

アクセス(自動車)
福山東ICから車にて距離:約30km 所要時間:約50分
東城ICから車にて距離: 約35km 所要時間:約50分
アクセス(バス)
福山駅北口よりバス「西回り東城線東城行」乗車
バス停「さんわの森入り口」下車しタクシー乗車約10分

トップページ > サイトマップ >自然> 光福寺(合掌二龍の松)