高光八幡神社

がぞう 鎮座の年代は不明ですが、神石郡二子山城主が氏神として勧請したと伝えられ、 天文14年(1545年)社殿が建立されました。 現在の社殿は享保21年(1736年)に再建されたものです。幣殿と六角神輿は町の重要文化財に指定されています。また、境内のヒノキの大木は高さ約30m、樹齢500年以上と推測されており、町の天然記念物に指定されています。
―指定日―
平成16年10月1日
幣殿、六角神輿が町重要文化財に指定
昭和58年7月12日
ヒノキが町天然記念物に指定

施設情報

基本情報
【住所】神石高原町高光
【駐車場】なし
【googleマップ】ここが目安です。
ポイント
安楽寺の近くです。
アクセス(自動車)
福山東ICから車にて距離:約50km 所要時間:約80分
東城ICから車にて距離: 約15km 所要時間:約20分
アクセス(バス)
福山駅より中国バス『西回り東城線』乗車 
バス停「神竜湖」下車しタクシー乗車約10分

トップページ > ジャンルから探す >パワースポット >高光八幡神社