本文へスキップ

広島県の東部 神石高原町観光協会の観光ナビ

ふくろうのおばあちゃんGrandmother Of the owl

ふくろうのおばあちゃん


平成26年5月20日撮影

【最新情報】平成29年5月、ふくろうが巣をつくりませんでしたので、今年は残念ながら雛を見ることができません。おばあちゃん宅へ伺いたい方は観光協会へ必ず御連絡下さい。

がぞうふくろうのおばあちゃん宅に行きたいあなたへ

がぞう

がぞう見永さんは、高齢で一人暮らしのため、絶対に勝手に訪問をしないでください。

がぞうどうしても訪問したい方は以下のことに十分注意をして訪問願います。
がぞう観光協会へ問合せの上職員引率のもと、訪問をして頂きますよう、ご協力をお願いします。
また、短時間の滞在を心がけてください。個人の家であり、観光施設ではありません。マナーを守ってください。守れない場合は、退出していただきます。また長時間居座る行為は認めておりませんのでおやめ下さい。
がぞうふくろうは警戒心が強く、長時間、人の目にさらされると大変ストレスを感じ緊張してしまいます。特にフラッシュには弱く、暴れて怪我をする可能性もあるので、撮影の際は十分注意してください。
がぞうふくろうが見永さん宅に巣をつくり雛が下りてくるかどうかは自然現象のため、どうなるかわかりません。わかり次第、当観光協会HPやブログなどでお知らせしますが、直接、見永さん宅へ問合せをしないでください。また取材依頼等も当会にお問合せください。時期的に5月の連休明けから中旬くらいに告知します。

豆知識

町面積の約8割を森林が占める神石高原町において、ふくろうはなじみの深い動物です。見永さんだけでなく、ふくろうの雛を保護して野生に戻された経験を持つ方は結構いらっしゃいます。しかし、ふくろうは絶滅危惧種に指定されており、飼っている方はいません。見永さんも野生に戻すことを念頭に保護されています。放鳥しても、見永さんが外に出ると遠くから声をかけてくるそうです。このようなケースは大変特異なケースですので、ふくろうの雛を発見された場合には、速やかにお近くの都道府県鳥獣保護担当へ連絡するか、そのまま放置するかして、飼ったりしないでください。

シンボルマーク(一社)神石高原町観光協会 RSS

〒7201604
広島県神石郡神石高原町坂瀬川5146-16

TEL 0847-85-2201 FAX:084-993-4032

メール kankou@jkougen.jp