本文へスキップ

広島県の東部 神石高原町観光協会の観光ナビ

神楽kagura

「神石高原の神楽」の特色

広島県では神楽がさかんです。特に芸北地域では勇壮な激しい踊りの舞が一般的ですが、「神石高原の神楽」はそれらと異なり、軽妙軽快な踊りで語りに重点を置いた舞です。それは神社の「神事」としてはじまったことに由来します。神楽は「神役」「神能」の2つの舞があり、一連の流れで行うのが一般的となっています。そのため、昔は家の祝宴などで夜通しで神楽を舞うこともありました。

「神石高原の神楽」の舞 「神役」

がぞう

曲舞・榊舞(きょくまい・さかきまい)

曲舞は神楽の基本となる舞であり顔見せの舞とも言われます。榊舞は神楽を始めるに当り、神楽場・奉仕人・神職・一般観覧者の心身を祓い清める舞。神楽を行う際には必ず最初に舞います。
その他、指紙(さしかみ)舞・茣蓙(ござ)舞・勧請(かんじょう)舞・神迎(かみむかい)舞の舞をあわせて舞うこともあります。
がぞう

猿田彦(さるたひこ)の舞

猿田彦は、三代皇孫瓊々杵尊(すめまににぎのみこと)の一行が天孫降臨の際に天の浮き橋に立ち先導をした神様で、その際の様子を舞った「道引きの舞」や、猿田彦の神徳にちなんだ家内安全などの「悪魔祓いの舞」を舞います。この悪魔祓いの際の長刀の捌きはすばらしく、演じた際の拍手喝采がなりやみません。

「神石高原の神楽」の舞 「神能」

 備中神楽の影響を強く受けているため、神能は、出雲神話が基となっています。

がぞう上:武御名方皇子と両神との最後の戦いの様子がぞう上:稲背脛命が両神をせめる様子

大社の能(国譲りの能)あらすじ

大国主命(おおくにぬしのみこと)の治めている豊葦原中津国(とよあしはらなかつくに)を天照大神(あまてらすおおみかみ)に捧げなさいと高天原たかまのはらから勅使ちょくしとして両神りょうしん徑津主命(ふつぬしのみこと)「武壅槌命たけみかずちのみこと)が天下り「大国主命」と争いになる。その時に元々高天原の勅使であった稲背脛命(いなしはぎのみこと)が仲裁役として現れる。「大国主命」は、子供である事代主命(ことしろぬしのみこと)と相談し、豊葦原中津国を献上することにするが、もうひとりの息子である武御名方皇子(たけみなかたのおうじ)は国譲りに反対する。そして両神と合戦し、最後には降参する。「大国主命」は福徳の守護神として出雲大社に、「事代主神」は釣りの守護神として美保神社に、「稲背脛命」は病気の守護神として鷺神社に、「武御名方皇子」は諏訪神社に鎮座所をえさせて国譲りが成立する。
途中で「大国主の舞」「稲背脛命の語り」など個性あるキャラクターの舞などもあり、飽きることなく見ることができます。
がぞう上:大蛇に毒酒を飲ませる場面がぞう上:松尾明神と室尾明神の酒造り

祇園の能(大蛇退治)あらすじ

須佐能男命(すさなおのみこと)は悪行を重ね高天原を追われ、出雲の国簸の川(ひのかわ)を下る時に嘆き悲しんでいる足名槌・手名槌(あしなづち・てなづち)の老夫婦に会い、何事か様子を聞くと、八人の娘が居が毎年毎年「八岐の大蛇」に呑み取られ、残る奇稲田姫(くしなだひめ)が一人となったとのこと。そして奇稲田姫も大蛇に捧げることになり大変悲しんでいるとのこと。それを聞いた須佐能男命は如何に憎い大蛇でも私には罪のない者、稲田姫を私の妻にもらえるならば姉の仇として退治してやろうと言い、老夫婦は相談の末、奇稲田姫を嫁にと約束をした。須佐能男命は大蛇を退治するために、酒造りの神である松尾明神(まつのうみょうじん)に依頼して八千石の毒酒をつくらせ、それを大蛇にささげ酔いつぶれたところを見事に退治した。その時、大蛇の尾から出てきた一振りの剣を命は天叢雲の剣(あまのむらくものつるぎ)と名付け「天照大神」にささげる。そして、八雲立つ「須賀の社」で稲田姫と一緒に暮らしたという。
松尾明神の酒造りでは、手伝いをする神様である室尾明神(むろおみょうじん)との漫才のような掛け合いが面白いです。また、最後の大蛇退治での一糸乱れぬ大蛇の姿はすばらしいの一言です。
 ※神能は、これ以外にも「天の岩戸開き」などもありますが、現在は上の2つの演目を中心としています。

神石高原の神楽推進協議会

神石高原の神楽を広く周知し、保存・継承していこうと、平成28年9月に設立されました。
詳しくは、こちらのホームページをご覧下さい。神石高原の神楽推進協議会HP

神石高原町観光協会

〒7201522
広島県神石郡神石高原町小畠2025番地

TEL 0847-85-2201

がぞう kankou@jkougen.jp