案  内

神石高原町時安にあるリゾートホテル「神石高原ホテル」には、かの足立美術館庭園や大仙公園日本庭園を手掛けた中根金作氏設計の日本庭園「東林苑」があります。この庭園は四季折々の風景を楽しむことができます。さらに、庭園内には4つの趣の異なる茶室があり、日本の歴史と伝統を感じることができます。
通常営業では、呈茶もしていますので、庭園を見ながらのんびり抹茶を頂くこともできます。

茶室紹介

神石高原ホテル秀嶺軒

●秀嶺軒●

大規模なお茶席や宴会をすることができる大広間と茶室がある建物です。
ここからの眺望も素晴らしいものです。
現在、こちらの大広間では本格手打ち蕎麦や菊芋うどんといった軽食ランチを召し上がることができます。
開放空間の大広間で召し上がると日ごろの喧騒を忘れ、ゆったりとした時を過ごすことができるでしょう。週末はこちらで呈茶を行っております。

神石高原ホテル双忙亭

●双忘亭●

庭園の高台にありそこからの眺望は素晴らしいの一言です。
遠州伏見屋敷の鏡の間を模しています。
こちらでは平日に呈茶を行っており、抹茶を楽しむことができます。



風景


PROFILE

施設情報